仮想通貨の歴史や種類は

仮想通貨の歴史

インターネット上で流通している仮想通貨、この通貨が初めて世に出てきたのが2008年10月です。
2008年に中本哲史「Satoshi Nakamoto」という、日本人の名前を名乗る個人、あるいは組織や団体によって発表されました。

この時に発表された論文は11ページにも及ぶ内容のものであり、インターネット上に公開され話題になりました。

論文は「ビットコイン: P2P 電子通貨システム」というタイトルであり、「電子通貨が実現すると、金融機関の介在なしに直接オンラインで支払いできるようになるだろう」という内容になっています。



インターネット上で公開された翌年の2009年1月以降、ビットコインの運用が始まります。

ネットを介して世界中の人たちが開発に参加できる、無料プログラムで開始されました。

コインは独自の取引承認システム「マイニング」により、世界中にコインが発行され始めることになります。

ビットコインは現在もマイニングを介して利用されており、2017年1月の段階の時価総額はおよそ1.7兆円に上っています。

このビットコインが誕生した後、次々に新しい仮想通貨が登場しています。

具体的には2014年1月のライトコイン、2014年8月のリップル、そして2015年7月のイーサリアムなどがあります。



仮想通貨の種類

現在は世界各国で様々な仮想通貨が流通しており、その中でもビットコインが最も発行量が多いと言われています。
ビットコインは2100万枚の発行上限があり、2140年頃にマイニングが終了すると言われています。

ちなみに2017年1月時点における時価総額2位の通貨は、イーサリアムの約10億ドルです。

このように様々な仮想通貨がありますが、実際には700種類もの通貨があると言われています。

しかしこの700種類の中で、実際に流通しているのは500種類程度です。

仮想通貨の提議にもよりますが、定義によっては拡大解釈も可能です。

 

インターネット上には様々な仮想通貨が流通しており、実際は700種類にも及んでいます。

その中でも多いのはビットコインで、2位はイーサリアムですが、先日リップルがイーサリアムを抜いて第2位に急上昇しました!