仮想通貨の買い方は?別の投資と比較した時のメリットは?

仮想通貨の購入方法

仮想通貨を利用するには、事前に通貨を入手しておく必要があります。
ビットコインを例に紹介すると、仮想通貨を購入する手段としては直接お金を支払って購入する以外に、まだ発掘されていないコインを採掘したり、対価として入手したりする方法もあります。

一般的には直接購入する方法が多く、この場合は個人で直接購入する方法と、間接的に購入する購入代行に分かれます。

この中の間接購入は、オークションや個人間での集まりでやり取りする方法が一般的です。

個人がお金を支払って直接購入する時は、「コインチェック」への登録をおすすめします。

コインチェックは日本語対応したコイン取引所であり、大企業と事業提携したり出資などを行い、日本のアルトコイン業界を盛り上げています。

取引量、ユーザー数、資本金、そのどれもが日本でトップクラスになっており、メールアドレスだけでアカウントを開設できるのが特徴です。

簡単に開設でき、さらにFX機能(ビットコイン)やビットコインによる電気料金の支払いなどのサービスもあります。



他の通貨と比較したメリットについて

 

仮想通貨はとても便利な通貨であり、他の通貨と比較したメリットもたくさんあります。
その一つが、中央機関に依存していないことです。

ビットコインのような仮想通貨は、法定通貨のような中央機関との関係性はありません。

政府や中央銀行などが直接発行しているわけではありませんので、中央機関によるコントロールはできません。

そのため、ビットコインは中央集権化を防止できます。

また、国の概念がないのも大きなメリットと言えます。



国が違うと使用する通貨も変わってきますので、色々と手続きも面倒になります。

しかし仮想通貨には国境がありませんので、両替などの手続きをすることなく利用できます。

要するに、利用者が住んでいる国に関係なく使用できるということです。

 

仮想通貨の種類も多く、購入方法やメリットも様々です。

利用する時はメリットなどを参考にして、自分に合った通貨を購入することが大切です。