ビットコインのウォレットとは?ハッキングや横領から身を守る方法

ビットコインのウォレットについて

ビットコインのウォレットには、大きくパソコン、スマートフォン、インターネットに分けることができます。

まずパソコンウォレットですが、インターネットバンキングを利用している方は、ビットコインのウォレットについても大きな違和感はないはずです。

パソコンウォレットは、完全版、簡易版のどちらも利用でき、安全性のメリットがあります。

 

マイニングをする場合は完全版を、また採掘をしない時は簡易版がおすすめです。

 

しかしパソコンが故障すると、使えなくなったりウイルス感染したりなどのリスクがあります。

 

ノートパソコンは持ち運びもできますが、スマートフォンよりも利便性は下がります。



 

次にスマホウォレットですが、いつでもどこにいても取引できるのがメリットです。

 

またパソコンと同じように、電源を切っている時はネット接続されていませんので安全度が高まります。

 

しかし、故障やウイルス感染などのリスクもありますので注意が必要です。

 

そしてインターネットウォレットは、ウォレット機能以外にも様々なサービスを利用できるメリットがあります。

 

しかし業者によってサービスが異なりますので、信頼のおける業者を選ぶようにしましょう。

 



ハッキングや横領から身を守る方法

 

ビットコインをハッキングや横領から身を守るには、セキュリティの強いウォレットを利用することが大切です。

パソコンやスマートフォンなどを利用する方は、ウイルス感染しないようウイルスソフトなどでしっかり対策しましょう。

 

パソコンやスマートフォンは、いつウイルス感染するか分かりません。

 

そのため、日頃からそれらの機器をきちんと管理しておくことも大切です。

 

またインターネットウォレットを利用する時は、業者のセキュリティのチェックを忘れないでください。

 

インターネットウォレットは業者が管理しますので、セキリュティが甘いと、ウイルス感染やハッキングの標的になりやすいです。

 

一番安全なのはペーパーウォレットハードウォレットですが、こちらは長期保管に向いていますので、普段使いには向いていません。

 

それぞれメリット、デメリットがありますので、利用する時は注意しておいてください。