ビットコインとイーサリアムの違いとは

取り扱える仮想通貨の範囲

 

ビットコインとイーサリアムの違いとして、まずは実際に取り扱える記録内容の範囲が挙げられます。
 
イーサリアムの大きな特色は、実際に取り扱える記録内容の範囲の広さにあり、従来の取り扱い量を大幅に拡大したことから、利便性が増しています。
 
これを専門的に見た場合、記述できる言語が増えたということが言えます。



ビットコインの場合、原則としてビットコインのアルゴリズムでしか記述できませんので、ユーザーはビットコイン以外の売買や記帳ができません。

 
ビットコインのそのようなデメリットを、イーサリアムは見事に克服することができました。
 
イーサリアムは、トランザクション情報記録ができるビットコインの特徴に注目しました。
 
これらの機能と、金、株式、証券などビットコインの取引枚数以外の情報との関連づけに成功し、これにより、取引以外の記録もできるようになったのです。
 
イーサリアムのシステムは複雑ですが、ビットコインのシステムを使用して、より多くの通貨との取引が可能になったことは大きな進歩だと言えます。
 
このように、実際に取り扱える記録内容の範囲に大きな違いがあります。



自由度の違い

ビットコインとイーサリアムの違いとしては、自由度もあります。
両者ともブロックチェーンという概念では同じですが、通貨自体の自由度が大きく異なります。
 
ビットコインは実際に流通している円やドル、ユーロなどと比べ、通貨としての完成度が高いと言われています。
 
お金としての完成度は高いですが、それ以外の機能はイーサリアムよりも劣ります。

 
イーサリアムはお金として使えるのはもちろん、インターネット上に契約書を作成したり、契約を執行したり、またネットワーク上にシステムアプリを作成することもできます。
 
何にでも使用できるという観点からは、イーサリアムはより自由度が高いと言えます。

 

ビットコインとイーサリアム、似ているようでそれぞれに特徴があります。
 
両者は、取り扱える仮想通貨の範囲や自由度などが異なりますのでチェックしておきましょう。