リップルの購入方法

仮想通貨リップルには、次の3つの購入方法があります。
 
「東京JPY発行所」、「coincheck」、「Mr.ripple」の方法で、このうち東京JPY発行所がおすすめです。




東京JPY発行所は日本で最初からリップルを取り扱っていたこともあり、日本における取り扱い量は最も多いです。
 
手数料としては、入金と出金額の0.498%に消費税を加えた額が必要です。
 
最低受付金額は10000円からで、キャンペーンなども開催されますのでチェックしておくと良いでしょう。
 
リップルを入手するには、最初にリップルウォレットの作成を行う必要があります。
 
ウォレットを作成する時は、身分証明書と住所確認書類が必要ですので、事前に用意しておくと手続きもスムーズに進みます。
 
なお海外のウォレットサービスでは、英語の書類だけしか利用できませんので注意してください。
 
身分証明書としては、運転免許証、パスポート、外国人登録証明書、学生証など、また住所確認書類は、住民票記載事項証明書、公共料金領収書、納税通知書などが該当します。
 
コインを購入する際は、上記の点に注意しておきましょう。



リップルコインの将来性について

リップルコインの利用を考えている人の中には、コインの将来性が気になっている人も多いことでしょう。
 
以前はビットコインと同じような高騰を期待され、今年初めの価格と比べ最大で100倍ほどにもなりました。
 
現在はイーサリアムの方が盛り上り度は大きいですが、リップルコインもまた盛り上がる可能性があります。
 
リップルそのものは様々な企業、金融機関などと提携を行っていますが、一般利用者のXRP取引を制限するような動きも見られます。
 
これに一般ユーザーがどう反応するかが大きなカギになりますが、今のところは現状をしっかり凝視していく必要があります。
 
また手数料なども必要ですので、購入する際は手順などを把握しておいてください。